2014/03/18

ストレスと血行不良(つづき)

おはようございます!ブログにお越し頂きまして有難うございます(^^)

昨日はストレスと血行不良のメカニズム、そして交感神経と副交感神経の事を書きました。そして最後の方に血行を改善する効率的な方法を2つ挙げました。

①大きな筋肉を動かす
筋肉を動かすと、同時にその近くを走っている血管がマッサージされます。という事は、より大きな筋肉を動かすと、その分沢山の血管がマッサージされることになるので血行も効率的に良くなるというわけなんですね(^o^)
では、大きい筋肉って何処の筋肉?ということで、今回の勉強会では大きな筋肉を中心的にストレッチしていく事にしました。部位は、大胸筋・大殿筋・大腿四頭筋・ハムストリングス・広背筋・僧帽筋。それにとっても大切な肩甲骨周りと腸腰筋です。筋肉の名前ばかりで一体何処の筋肉?という方もいらっしゃると思うので、これはストレッチを紹介していく時に1つずつ説明していきます♪

②太い血管が通っている箇所を温める
血管の近くを温めることでとても効率良く血行を促進することができます。部位としては、首と付く場所(首の付け根・手首・足首)・仙骨周辺・腋・鼠径部などがあります。

勉強会では①の大きな筋肉ストレッチをメインに紹介しました。
今日もオススメのストレッチをご紹介していきますが、一気に沢山載せると長〜くなってしまうので…1つずついきますね(^^)♪

ご紹介する前に!
ストレッチをする時のポイントも大切なので行う前に是非読んでくださいね☆

今、自分が何処の筋肉を伸ばしているのかをしっかりと意識して感じながら行う。漠然と何となく行うストレッチと、しっかりと今伸ばしている筋肉を意識して行うストレッチでは効果が全く違ってきます。意識する事で確実にその筋肉はよりしっかりと伸びます。
呼吸は止めない!無理して『フッ…(;>з<)』と息を止めてしまわずに、あくまで自然なリズムで呼吸をしながらリラックスして行う。
決して反動をつけない!反動で一気に動かすと筋肉や筋を痛めてしまう事があります。
自分の筋肉の硬さを把握する!とても固い方、柔らかい方、色んな方が居ます。場所によっても、『ココは柔らかくてよく伸びるけど、ココは硬くて伸ばすと痛い…』など様々です。実際にストレッチをしてみて硬さ・柔らかさを感じながら自分に合った強度で無理なく行いましょう。無理して痛いのを我慢するとリラックスできませんし、何よりも無理をすると筋肉や筋を痛めてしまいます。気持ち良〜い所で止めてゆーっくりと伸ばしていきましょう。

さて、ポイントを押さえた所で今日ご紹介する大きな筋肉。
それは…大胸筋です!!名前の通りですが、胸にある大きな筋肉です。


とっても簡単で、何処でも出来る、今回の勉強会で紹介したストレッチの中でも私のイチオシのストレッチです☆

では実際にやってみたいと思います。(セルフタイマーで撮ったら物凄く変な顔だったので隠してます。ご了承ください。笑)

①まず、壁(もしくは柱でもOK!)の真横に立ちます。そして壁側(柱側)の腕(肘から指先まで)を壁に付けます。この時、付けた腕と壁とが90度になるようにします。


②そして、どちらかの脚を一歩前に踏み出して、出した脚に重心をかけます。この時、壁に付けた腕は動かさないようにして、胸の筋肉がググー…っとゆっくり引っ張られるのを感じてください。無理はしないで、気持ち良い所で止めましょう。10〜20秒キープして、反動はつけずにゆっくりと戻ります。


③因みに、壁に付ける腕の高さを変えると、大胸筋の中でも違う場所が伸びますよ♫
腕を少し上に付けて同じようにストレッチをすると、大胸筋の下部が伸びます。


④今度は腕の高さを低く下げます。同じように一歩踏み出してストレッチすると、大胸筋の上部が伸びます。


色々と高さを変えてストレッチしてみましょう〜!
同様に反対の大胸筋も伸ばしてくださいね(^∇^)/普段パソコンばかりかじりついてデスクワークばかりしている…スマホの画面ばかり見て気付くと猫背気味になっている…そんな方にもオススメです。特に女性はこの胸筋が毎日胸を支えてくれてますからね☆
実際にやってみると実感して頂けると思いますが、このストレッチ、めっちゃ気持ち良いですよ〜♪胸が開くと、姿勢も良くなってきます!

また徐々にストレッチご紹介していきますのでお楽しみに〜☆

それでは今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ♫


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




_______________________________

茨木市・上穂積にあるプライベートアロマサロン
アロマ&ヒーリングhasta

女性専用・完全予約制
Email

hasta.om.shanti★gmail.com 

(★を@に変換して送信ください)

お電話の場合は

070-5584-1182  


※施術中の場合は出られないことがあります。折り返させて頂きますので、留守番電話にお名前・お電話番号・ご用件をお願い致します(^o^)/









0 件のコメント:

コメントを投稿